塾講師の仕事を理解して

子供たちと向き合おう

指導方式の違い

子供たちに勉強を教えてみたいと思ったら、塾の講師は最適な仕事です。自分が塾で働きたいと思ったら、自分がどのような塾の指導方式の環境で働いてみたいかを理解するようにしてください。今主流になっている指導方式は、大きく分けて一斉指導と個別指導の2つの方式に分けることができます。それぞれの方式でメリットがあるので、どちらの方式が生徒が理解しやすいかというのは一概にこれだという答えはありません。

一斉に指導する塾の方式の特徴として、全ての生徒のことをしっかり把握しながら、それぞれの子供たちがどのポイントに弱点があるかを理解してあげる必要があります。生徒数が多ければそれなりに多くの子供たちのことを理解する必要があります。そうすることで分りやすく指導をすることができて、結果的に成績が良くなります。

個別指導塾は講師が担当する生徒の人数が少ないです。少ないと働きやすいと考えてしまう講師もいますが、個別指導は一斉指導と比べて何よりも指導の質が求められます。塾講師の能力も問われる塾も多いです。自分の指導方法に自信があり、少数でも全ての生徒に対して分りやすく指導をすることができれば、一斉指導の塾よりもやりがいを感じることができる可能性があります。